安心して利用できるサービス

安心して利用できるサービス

安心して利用できるサービス ファクタリングは売掛債権を現金化するサービスで、数ヵ月後待たないとならない債権が、すぐに現金化できる利便性があります。企業は会社の経営上常に運転資金が必要で、販売・サービスを行なった会社には、すぐにでも売掛金を請求、現金を入手したいところなのですが、契約上数ヶ月後の入金となることが多いのです。
そのこともあって金融機関などに融資を申し込むことが多いのですが、事情により断られることもあります。そこで既に販売し、数ヵ月後に販売先から入金される予定の売掛債権を買取る会社がファクタリング会社で、売掛金を代わって請求することになります。
このサービスは、売掛債権を買取る際は手数料がかかりますが、実際に販売したりサービスが完了し、請求書などの記録や会社の登記簿謄本などの書類があれば最小限の審査で現金化できるので、安心して利用できるシステムです。またファクタリングサービスを利用すると、銀行などの金融機関や取引会社に知られることが少ないので安心で、融資の際にも有利に働くのです。
このサービスは近年、従業員の給料支払いでも行なわれることがあり、既に働き、給料日より前に給与をもらいたいと考える従業員のニーズに応えたものです。既に働いた分の給与をファクタリング会社が代わって支払い、その分を勤務先の会社に請求するというもので、福利厚生の一環として導入している企業も少なくありません。

安全に活用するためのポイント

安全に活用するためのポイント ファクタリングを安全に活用するためのポイントに、売掛先の理解があります。売掛先の承認を得て利用する3社間で行えば、時間はかかりますが手数料を抑えられます。
しかし、日本では売掛債権の利用に十分な理解がされておらず、経営難になっていると誤解されると事業の健全化のために取引から外されることがあるので注意が必要です。このリスクを回避するため、手数料の高い2社間のファクタリングが主流になっています。また、悪質な会社もあるため、利用先の検討も重要です。例えば2社間の手数料の相場は10~30%であるため、これを超過するものは避けましょう。妥当な理由もなく相場を下回る場合にも、追加で費用を請求されることがあるので注意します。支払い期限も融資とは異なり短くなっているため、慢性的な資金不足や長期間で返済する設備投資には適していません。ファクタリングはその都度手数料が発生するので、何度も利用すると利益を圧迫します。そのため、つなぎ融資などで利用すると安全です。

新着情報

◎2019/9/25

安心して利用できるサービス
の情報を更新しました。

◎2019/7/22

資金繰りをする時に役立つ知識
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

ファクタリングの種類
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

ファクタリングの仕組み
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

サイト公開しました

「ファクタリング 安全」
に関連するツイート
Twitter