東京のバーチャルオフィスを活用して起業をスムーズに行おう

SITEMAP
オレンジ色の家具

東京のバーチャルオフィスで起業のイニシャルコストを削減

広い会議室

新しく事業を始めようとした場合にネックとなるのが、イニシャルコストです。特に事業所の賃貸にかかる費用というのは、毎月の賃料以外にも敷金や礼金も必要になりますし、保証金についても定期的に支払う必要になります。賃貸にかかる費用は、借りるスペースの大きさや立地条件でも大きく異なりますが、特に東京のような場所では事業所を設置するだけで、数百万円以上の資金がイニシャルコストとしてかかってしまうのです。これだけのイニシャルコストを負担できるのは、既に別の事業において結果を出している方のように、資金的な余裕がある事が前提になってきますので、一般の方にとっては起業の大きなハードルになってしまいます。そこで大きな助けになってくれるのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスというのは端的に言ってしまえば事業所の住所を貸してくれるサービスですが、実際に部屋を賃貸しなくても自分の会社の事業所の住所として登録する事が出来ます。実際に賃貸契約するわけではないので当然賃料はありませんし、敷金礼金も必要ありません。必要なのは入会金や保証金などと、数千円程度の月額利用料のみです。しかも東京の一等地の住所を使えるバーチャルオフィスも多くあって、低コストで自分の会社の事業所を東京に持つという事も可能なのです。資金に余裕のない起業したての方にとってもイニシャルコストを大幅に削減できるのでお勧めです。

ピックアップコンテンツ

最新記事一覧