ファクタリングの種類

ファクタリングの種類

ファクタリングの種類 ファクタリングにはさまざまな種類がありますが、仕組みとしてはさまざまな債権を業者が買い取ったり、または保証をするといったものです。一般的にはファクタリングといえば債権を買取るものを指します。また日本で普及しているものとして2社間と3社間があります。
2社間の特徴は、債権を出した企業と受け取った企業との間のことを指し一般的な売掛金などを扱います。たいていの場合には買取を行いますが、企業の信用力によって変わってくるもので2割から3割り程度の手数料が発生します。ただそれでも迅速に現金を得ることができるため資金繰りを改善するといった目的に広く使われています。
一方で3社間は主に医療報酬で使われるものです。健康保険や介護保険が利用されるサービスでは、保険の請求を行っても支払われるのは数ヶ月先のことで、その間は現金を手に入れることができません。そこでファクタリング業者が債権を買取ることで迅速に現金化が可能です。信用力が高い債権ですから手数料に関しても1割以下と低く抑えられています。

ファクタリングの特徴は早期の現金化が可能

ファクタリングの特徴は早期の現金化が可能 ファクタリングという言葉はあまり聞いたことがない人が多いかもしれませんが、企業経営者などの間で注目を集める新しいサービスとなっています。ファクタリングというのは売り上げ債権の現金化のことです。一般的な金融機関では売上債権を担保(保険)に現金の貸付を行いますが、ファクタリングを行う金融業者は売上債権を直接買い取ることにより、即時に現金化することが可能になっているのです。
売上債権には現金を回収できる時期が決まっており、売り上げの金額を回収できるまでには一定の期間が必要になります。その間は運転資金などのつなぎ資金の活用が必要になりますし、取引先の経営状態悪化などにより貸し倒れが発生する可能性などもあるのです。一方でファクタリングの特徴として即時の現金化が可能になれば、つなぎ資金を準備することや貸し倒れに備えることが不要となり、回収した資金を様々な用途に活用することができるのです。ただし早期の回収が可能になる一方で、割引料として一定金額の手数料の支払いが必要であるというデメリットがあります。

新着情報

◎2019/4/19

ファクタリングの種類
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

ファクタリングの仕組み
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

サイト公開しました

「ファクタリング 種類」
に関連するツイート
Twitter